30代・会社員の一人旅

都会から逃げるように始めた、30代・会社員の一人旅の記録

石垣島・西表島の冒険 後編 ~西表の自然散策~

石垣島・西表島の冒険 前編 ~石垣島ドライブ~からの続き。

4日目

ホテルをチェックアウトし、レンタカー返却店舗近くのガソリンスタンドへ。

ガソリンスタンドに入るのも初めてなので、少しドキドキしながら「レギュラー、満タンで」と言ってみたら、通じて安心(当たり前だろ)。

 

しかし、ここに来る前まではガソリンのこともよくわかってなかった。ガソリンにも種類があって、たいていは「レギュラー」で良いんですね。

 

ガソリンを入れたら、そのままオリックスレンタカーの店舗に行き、無事、事故もなく返却完了!

 

そして、離島ターミナルまで送迎して頂き、西表島への乗船券を買いに行きます。

船は八重山観光フェリーで予約していたのですが、西表島の「上原港」行きが時化のため欠航。

受付の人が手際よく対応してくれ、「大原港」行きの船に切り替え、大原港からは(上原港行きの船が欠航の場合に出る)送迎バスに乗って、上原港へ向かいます。そこで、予約していた「やまねこレンタカー」さんに迎えに来てもらい、「やまねこレンタカー」の上原営業所まで送迎いただきまして、手続きをして、やっとやっとレンタカーをゲット!

 

西表島は(港周辺を除くと)道路が1本しかないため、ナビが不要なのだそうです。若干、不安を感じたので、GoogleMapの道案内を使うことにしました。

 

しかし、ちょっとドライブしてみてわかったのですが、バスは頻度少なく、タクシーもほぼないようなものなので、西表島はレンタカーがないと観光はかなり厳しそうです。

 

あと、肝心の天気なのですが、、、この日も雨でした><

そして、強風。

 

行こうと思っていた「野生生物保護センター」が休館っぽいので、とりあえずホテルに行き、キャリースーツを預けます。

西表島で泊まるのは「パイヌマヤ」というホテル。

宿泊料金が1泊4万近く(3泊で14万ほど!)したのですが、2人部屋に1人で泊まってるので、2人分払ってるんですね。

そう考えると、石垣島のサン・グリーングラス・リゾートホテルは2人部屋でも1人分の料金(3泊で3万6千ほど)だったので、かなりコスパ良いホテルですね。

 

ただ、高級なだけに、レストランが併設されており、飲食の心配が不要なのは心強い。さっそく、「ごーやチャンプル」(たぶん)を頂くことに。今日はまだ何も食べてなかったので、上手い!

f:id:planet-odyssey:20200104105340j:plain

ごーやチャンプル

その後、チェックインまで少し時間あるので、「大原港」までドライブ。そして、「晴れていたら…」と思うような景色がたくさん。石垣島のデジャブです、はい。。

 

雨風の中、大原港周りを少し散歩して、車に退散し、ホテルに戻ります。

18時にホテルで夕食を頂いたのですが、1人で泊まってるのは私だけのようで、家族連れが多い。

そして、夕飯の和食セットに、なぜかコーヒーとケーキがついてくるのだが、夜に摂る食事としてはちょっとNGですね。案の定、夜中、腹を下してしまいます(朝には回復)。

 

ホテルで夕食後、ホテル主催のナイトツアーに参加。

ナイトツアーは6人くらいの家族連れと一緒になって、ちょっと後ろめたい気持ち。まぁ、ホテルのツアーなので、一人で参加する方が変わり種ですが。

1時間ほど、夜の西表島を散策しましたが、ヤマネコには会えず。それでも都会じゃ味わえないジャングルの散歩で少しテンションあがりました。

5日目

この日は、一人参加歓迎とウェブサイトに書いてあった「グリーンリバー」さんのツアーに参加。ピナイサーラの滝と洞窟探検に行きます。

電話で予約したときに、何やらウェブに疎そうなおじいちゃんが出てきて、不安になったのですが、結局このツアーが一番楽しい思い出になります。

 

というのも、ツアー客が僕一人で、ガイドのおじいちゃんは、西表島に長年暮らしていて、ガイド歴も長く、島の穴場スポットや他社のツアービジネスについても詳しい人だったので、誰に気を使うこともなく、西表島を満喫できたのです!

 

まず、ピナイサーラの滝にはカヌーで向かいます。カヌーは初めてなので、ドキドキしていたのですが、カヌーってけっこう安定してるんですね。思ったより簡単に乗れました。

川も穏やかなので、すいーすいーと、優雅に川を登っていけました。その時の景色は本当に雄大で、迫力がありました!ジュラシック・パークの世界に来たようです!

f:id:planet-odyssey:20200104105450j:plain

カヌーからの眺め

カヌーを降りたら、ジャングルの中をトレッキング。そこまでハードじゃないので、森林浴が本当に気持ち良いです。

そして、ピナイサーラの滝に到着。連日の雨の影響で水量が増えていたようで、迫力がありました。

f:id:planet-odyssey:20200104105530j:plain

ピナイサーラの滝

ここで、ガイドさん手作りの昼食を頂きながら、西表島の歴史やガイドさんの昔の仕事の話など、いろいろ話せて、楽しかったです!なんせ、一人旅は基本、黙々と単独行動ですからね。

 

続いて、洞窟探検。

石垣島の鍾乳洞をイメージしていたのですが、けっこう狭い入口から入って、けっこうしゃがみながら進み、膝くらいまで水に浸かったりする感じで、想像以上に探検感を味わえて楽しかった。

開けたところの景色も素晴らしかったです。

f:id:planet-odyssey:20200104105622j:plain

洞窟の出口からの眺め

こうして、この日のツアーは終了。参加前は不安もあってドキドキしてましたが、天気も途中から良くなり、程よい運動もできて、しかもツアー独り占めで、この旅で最も楽しい一日になるのでした!

6日目

西表島の3日目はホテルのツアーで、マリュドゥの滝カンピレーの滝にトレッキングのみで向かいます。

ツアー参加者は、夫婦と僕の3人だったので、程よい人数でした。

ガイドさんが動植物が好きな方で、道中遭遇する、いろいろな動植物の説明をしてくれました。トレッキングもそこまでハードじゃなく、ちょうど良い!

f:id:planet-odyssey:20200104105929j:plain

トレッキング中の風景

そして、山や川、滝の景色は素晴らしく、人もポツンポツンといるだけで、とても居心地の良い空間でした。

f:id:planet-odyssey:20200104110019j:plain

マリュドゥの滝

夜は「西表ツアーズ」で、夜のカヌーツアーに参加しました。

一緒になったのが、友達夫婦の4人組で、ちょっとお互いに気を使ってしまったかな。

あとはこのツアー会社の噂(西表の観光ビジネスでの争い?)も聞いてしまってので、この時は少し萎えてしまった><

 

まぁ、それでもカヌーに乗ると心地良くて、さらに上を見上げると、木々の間から、きれいな星空が見えたときは、本当に良い眺めでした!

この時はクーラ川を登り、最終的にはクーラの滝を見ました。これで、ピナイサーラの滝、マリュドゥの滝、カンピレーの滝、クーラの滝と、西表島の主要な滝をだいたい見ることができました。

 

ツアーを終えて宿に戻ったあと、先程の星空が気になって、ホテルの屋上で星空の写真撮影をしてみます。

月が出てたのと、ホテルの明かりが少しあったので、十分な撮影条件ではなかったのですが、そこそこ綺麗に撮れました!

f:id:planet-odyssey:20200104110134j:plain

ホテル屋上からの星空(右上はオリオン座)

ちなみに、最近手に入れました「Pixel4」にナイトモードが搭載されていたので、試しに撮ってみました。

上の写真がコンデジ「Canon PowerShot S120」のF1.8、露出15秒、ISO1600で撮影したもので、こちらがPixel4の写真。思った以上に良く撮れててビックリ!

ちなみに、Pixel4のナイトモードで撮影すると、処理?に4分くらいかかりましたw

f:id:planet-odyssey:20200104110647j:plain

Pixel4で撮った星空

そうして、西表島の最後の夜は、得意の天体写真撮影で終えるのでした!

7日目

さぁ、最終日。

レンタカーの返却まで少し時間があるので、「星砂の浜」まで行ってみることにしました。実は昨日も、ツアーの合間に行ったのですが、夕方だったので、朝方の砂浜も見たくなってしまったのです。

 

なんせ、この景色。

f:id:planet-odyssey:20200104110830j:plain

星砂の浜

波の音と、涼しい風に癒され、人もほとんどいないし、穏やかな時間を満喫します。

 

そして、レンタカーを返して、船で石垣島へ。お昼ごはんは、カフェとお寿司屋さんの2件でがっつり頂きました!美味い!

f:id:planet-odyssey:20200104110906j:plain

旅の締めくくりはお寿司!

バスで空港まで行き、定刻どおりに飛行機は離陸。

無事、今回の旅を終えるのでした。

まとめ

今回は、高級ホテルで贅沢を味わってみたり、ドライブにカヌーと初挑戦もあり、いろいろと学びがありました。

(高級ホテルはもういいかな。。1人部屋があれば安宿でいいやw)

 

そして何より、石垣島と西表島の自然が素晴らしかった。

 

都会はもう、人が多すぎて、うるさ過ぎる。

満員電車ではみんなイライラして、おっさんは八つ当たりしてくるし、サラリーマンが喧嘩を始めたりする。カフェや飲食店はいつも空きがなく、休むこともろくにできない。

欲求をどんどん満たしていく、この社会は、本当に幸せなんだろうか。

 

なんてことを考えたりしました。

 

この時代を生きるためには、ただ欲望を満たしていくだけではダメなようです。

ということで、次からはちょっと嗜好を変えて、「一人旅シーズン2 食と禅を学ぶ」という明確な目的をもって旅をしようと思います。

 

ではまた、続報をお待ちくださいな。See you!

 

# 今週のお題「2020年の抱負」

石垣島・西表島の冒険 前編 ~石垣島ドライブ~

この年末年始、自然を満喫しながら過ごしたく、「石垣島」と「西表島」へと行ってきました!

そして、最近のマイブームに「新しいことに挑戦する」というのがありまして、今回は

  • ドライブ(ペーパードライバーでして。。)
  • カヌーを漕ぐ
  • 高級ホテルに泊まってみる

なんてことをやってみました。

旅程は6泊7日で、石垣島、西表島で、それぞれ3泊ずつです。

1日目

旅の初日。この日は石垣島への移動のみなのですが、飛行機の出発が遅れたこともあり、石垣島に到着したのが19:30ごろ。空港内をウロウロしてたら20時に。

この時間になると、空港で待機してるタクシーもほとんどないんですね。。

待つこと30分、やっとタクシーが来ました!

20分ほどでホテルに到着です。

 

石垣島で泊まるのは「サン・グリーングラス・リゾートホテル」。

いつもはゲストハウスに泊まっていたのですが、今回は試しにホテルに泊まってみたのですが、やはり、1人部屋は落ち着くし、気が楽です。

しかし、港などがある市街地からは離れている(石垣市桃里という北の方の)宿なので、飲食店やお店に行くにはレンタカーが必須です。

 

レンタカーが手に入るのは明日からなので、「石垣島タクシーコールセンター」というアプリでタクシーを呼んでみようと思ったのですが、「配車可能エリア外です」となって迎車できない。仕方なく、夕飯は抜き、明朝7:30のバスにで市街地に向かうことにしました。

2日目

朝7:30のバスに乗り、2時間かけて石垣タウンとよばれる市街地に到着(午前中のバスはこの一本しかなく、しかも遠回りのルートなので、時間がかかります><)。

 

レンタカー借りるまで時間あるので、博物館民俗資料館に寄ろうと思ったのてすが、今日はどちらも休館。

レンタカーの店舗に向かいつつ、気になっていた飲食店「島野菜カフェリハロウビーチ」を目指すことにしたのですが、途中からけっこう雨が降ってきて、服の上からも水が滲みてきてテンションが少し下がる。

しかし、お目当てのお店に到着して、一気に元気が出てきました。木造でできた2階建ての作りで、内装もおしゃれで、すごく身も心も温たまる場所でした!

注文した「島野菜と白身魚のグリルプレート」ですが、昨日の夜から何も食べてないののもあって、めちゃくちゃ美味い!

f:id:planet-odyssey:20200104103505j:plain

島野菜と白身魚のグリルプレート

ご飯のあとはオリックスレンタカーで車を借りて、ついにドライブ開始。

一応、3回ほどペーパードライバーコースで練習したのですが、1人で運転するのはかな~り久しぶりです。

不安でドキドキするかなと思っていたのですが、雨を遮り、バスの時刻表を気にすることもなく、自由自在に動き回れるツールを手に入れた喜びの方が大きくて、ほとんど不安もなく、喜びと落ち着きをもって、運転できました。

なにより、石垣島は道が単調ですし、交通量が少ないので、運転しやすい。

 

まずは、雨でも観光できる石垣島鍾乳洞に来ました。

鍾乳洞を見るのは、中学生のときの修学旅行以来かな?すごく新鮮味と迫力があって、良い具合にテンション上がりました。鍾乳洞の中を歩くのには30分くらいかかったかな。散歩好きな僕にとっては、なかなか良かったです。

 

次の行き先はバンナ公園

雨だけど、大丈夫かな~と心配しつつも行ってみましたが、案の定、雨が強くなってきたので、近くの「世界の昆虫館」にふらっと立ち寄って、即退散w

 

車の中で次の行き先を考えます。

こうして、雨をしのいで、車の中でゆっくり作戦考えられるという体験にちょっと感動します。

 悩んだ末に、ちょっと距離はありますが、(宿が近いので)玉取崎展望台に行くことにしまいた。「晴れていたら、最高のドライブだな~」なんて度々思いながら、40分くらいのドライブで到着。

f:id:planet-odyssey:20200104104130j:plain

玉取崎展望台からの眺め

悪天候のせいで海はほとんど見えませんが、山の景色はこれはこれで良いんじゃないでしょうか!この雲がかかった、浮世絵に出てきそうな?感じ!

 

少しだけぼーっとして、近くでご飯でも食べようかと飲食店を探してみたら、どこも閉まっていたので、宿に戻ることに。

石垣島は、飲食店は14~15時ごろから閉店しはじめ、17時くらいにはほとんどのお店が閉まるようです。

 

今朝、スーパーでお餅とバナナを買っておいて良かった。

3日目

この日も雨。しかも、注意報が出てるレベル。なので、午前中はホテルで雨をしのぎ、午後から雨風が弱くなってきたので、ドライブ開始!

 

まずは、昨日とは別の鍾乳洞「サビチ鍾乳洞」へ。

しかし、レンタカーのナビで見つけられず、案内の看板を頼りに自力で向かったら、通り過ぎてしまい、石垣島最北端まで行ってしまう。

晴れていたら付近の展望台で休憩したのですが、生憎の天気なので、引き返して、辺りを注意しながら突っ走ること、数十分。お目当ての看板を見つけ、鍾乳洞に到着。

入口がけっこう大きくて、わりと迫力がありました。

あと、受付の小屋にいた2匹の猫がすごくかわいいです。

f:id:planet-odyssey:20200104104324j:plain

サビチ鍾乳洞

 

 そして、次はやいま村に向かいます。到着まで車で40分近くかかったので、少し疲れを感じましたが、なんとか到着。

f:id:planet-odyssey:20200104104430j:plain

やいま村

こういう、木造の小屋って、おばあちゃん家のようで、なんか良いですよね。

そして、なぜか石垣島と関係ないリスザルと触れ合える広場が大人気でしたw

 

ここでやっと昼食。

沖縄の名物?やいまそばを頂きます。

f:id:planet-odyssey:20200104104458j:plain

やいまそば

このあと、みね屋工房→みんさー工芸館→JAファーマーズマーケット、とささっと周り、夕食を食べに空港へ。

寿司を頂き、ちょっと眠いのでスタバのコーヒーを頂く。なんだかんだで、都会の雰囲気を醸し出す空港も、落ち着いてしまう。

 

暗くなってきたので、ホテルへ戻ります。

夜の走行もほぼ初めてですが、ここでライトの使い方も覚えました。そして、無事、ホテル到着。

 

明日からは西表島なので、石垣島の旅はこれで終わりです。あいにくの天気で、単独ドライブツアーになってしまいましたが、おかげさまで運転にだいぶ慣れました。

単調な道ではあったものの、雨の中だったり、夜間だったり、フロントガラスが曇って焦ったり、駐車が上手くできなかったり、ライトが一つの信号があったり、車のメーターやボタンの意味がわからなかったりで、だいぶいろんなことを覚えました。

 

西表島でもレンタカーを借りてるのですが、天気は晴れそうです!そして、ツアーも予約しました!ホテルも高級!楽しめる条件が揃ってきましたよ!

 

続き。

 

planet-odyssey.hatenablog.jp

白馬ぶらり旅 ~こんな地に住みたいのかも?~

4/28~5/2の4泊5日で、長野県白馬に行ってきました。

自然が多く、都会のような喧騒はないけども、そこそこのインフラがあったので、
比較的過ごしやすかったです。

f:id:planet-odyssey:20190504083021j:plain
山と畑と鳥のさえずりに癒されました

続きを読む

伊豆大島ぶらり旅 ~何もしないをする~

毎年恒例? 都会からの逃亡。

と言っても、去年は大学の勉強があって家に引きこもってたので、

久々の旅でした。


今回は、ほどほどの田舎を求めて、伊豆大島に行ってきました。

f:id:planet-odyssey:20190102094314j:plain
大島の海岸から。夕日がきれい

続きを読む

諏訪湖ぶらり旅 ~心理学の心得について学ぶ~

最近はいろいろと忙しくて、久しく旅に出ててなかったのですが、
心理学実習のため、3泊4日で長野県上諏訪に行ってきました(1泊は観光)。

続きを読む

画家に目覚める

3月ごろなんですが、ふと「そうだ、絵を描こう」って思い立ち、

絵画教室に通ったり、YouTubeで水彩画の描き方勉強したりしたんですが、

なんか、めっちゃ楽しくなって、この2か月ずっとはまってました。



土日はもちろん、平日も時間があれば、家だろうが電車の中だろうが、絵を描いてました。

そして、またふと思い立ち、今度は絵本を描きたくなって、絵本教室にも通い始めたり。



もしかしたら、一人旅でいろんな風景を見てきたり、心理学を勉強し始めたりで、
自然と絵を描くためのインプットをしていたのかもしれません。



もっと早く気づけばよかったなー。

でも、きっと今までの経験がなかったら、辿り着けなかったんだろうな。


ってことで、画家としての進路を真面目に考えてます。
詳しくはまた。

アラサー社会人が、放送大学で心理学を勉強してみた感想

 

この時期はたいてい、どっかの島か国に旅立ってるのですが、

10月に大学生になり、試験も2月に控えているので、今年は、自宅で心理学に没頭することにしました。

 

大学側も休暇期間に入るので、放送大学の実際とか、仕事との両立について、振り返ってみました。

続きを読む

カナダの冒険・5/5 ~トロントぶらり旅~

バンフの旅を終え(カナダの冒険・4/5 ~世界自然遺産巡り~ - 人間探求・地球探訪)、トロントに2泊3日滞在します。
トロントといえば、ナイアガラの滝ですね!

続きを読む

カナダの冒険・4/5 ~世界自然遺産巡り~

バンフの1泊目は、主に街に中の散歩でしたが(カナダの冒険・3/5 ~ロッキー山脈の麓街・バンフ~ - 人間探求・地球探訪)、2泊目は、ツアーに参加して、ヨーホー国立公園を目指します。

続きを読む

カナダの冒険・3/5 ~ロッキー山脈の麓街・バンフ~

バンクーバーの旅を終えて(カナダの冒険・2/5 〜バンクーバーぶらり旅〜 - 地球探訪)、いよいよ、バンフへと向かいます。
バンフは、ロッキー山脈の麓にある、小さな街ですが、リゾート地としても栄えているので、素晴らしい散歩ができるんじゃないかと期待が膨らみます。

続きを読む

カナダの冒険・2/5 〜バンクーバーぶらり旅〜

1泊目は爆睡して消えてなくなった(カナダの冒険・1/5 ~バンクーバーへ向かう~ - 人間探求・地球探訪)ので、バンクーバーを満喫できたのは、この2泊目だけとなりました。

とりあえず、自然が多いところに向かいます。

続きを読む

カナダの冒険・1/5 ~バンクーバーへ向かう~

シルバーウィークを含む9/17〜9/25の日程で、カナダに散歩しに行ってきました。
カナダは治安が良く、住みやすい街として知られていますが、ロッキー山脈に代表される広大な自然や、グリズリーやヘラジカなどの大型の動物がいることでも有名です。

続きを読む

旅して学んだ、自由と孤独と集団に関する考察

2年ほど前に、自然を巡る一人旅を始めたのですが、都会と自然を行き来する生活が続いた影響もあって、「自然って開放的で癒さるなー」と思う一方、「なんで、社会生活はストレスがたまるんだろう」とか「なんで、人間関係のトラブルは絶えないのだろう」とか、いろいろと考えを巡らせました。
頭の中がごちゃごちゃしたままだと、変人極まりないので、心理学の勉強をしてみたところ、ある程度筋が通り、言語化できるようになったので、まとめてみました。

続きを読む

ニュージーランドの冒険・6/6 ~クライストチャーチぶらり旅~

最後は登山で締めくくり、テカポ湖での滞在を終えて、クライストチャーチに戻ります。

続きを読む

ニュージーランドの冒険・5/6 ~マウント・ジョン登頂~

天体写真の撮影は、2日連続、無事成功しました。最後の1泊は朝から濃霧でしたが、せっかくなので、ニュージーランドっぽさを体感したく、テカポ湖近くのマウント・ジョンに登ってみることにしました。

続きを読む