映画のレビューをやってみる

昔から映画は好きで、子どもの頃はアクションものやヒーローものを観ることが多かったのですが、30代になってからは、ドマラやサスペンスなど、いろいろなジャンルの映画を観るようになりました。

さらに最近は、デジタル配信が普及して、自宅で映画を観れるようになったり、映画レビューをするYouTuberの方がたくさん出てきて、映画をより一層楽しめるようになってきました。

そんな昨今の背景もあり、僕の頭の中に蓄積された、いろんな映画の感想を整理して、まとめてみようと思います。

 

まとめ方

映画を観たいときって、「スッキリしたい」「感動したい」「元気になりたい」など、感情が起点になってる場合が多い気がします。

なので、「〇〇な気分のときに観たい映画ベスト5」みたいに、感情ベースでグループ分け・ランク付けします。

 

ランクの評価軸

ランク付けなのですが、どの映画にも共通して、なんとなーく、脚本・演出・編集の3点で評価してます。

僕の独自の解釈もあるかもしれないですが、

  • 脚本が良い:話の筋が通っている。無駄な話が少ない。頭を使わない。
  • 演出が良い:演技が良くて人間らしさを感じられる。迫力や臨場感がある。
  • 編集が良い:場面転換で混乱しない。余計なシーンが少ない。

という感じで評価しています。

 

〇〇な気分のときに観たい映画ベスト5

ということで、各テーマごとにブログを作成して、ここに追加していきます。

 

番外編

スター・ウォーズのファンなのですが、エピソード8を観たあと、どうしても感想を言いたくなって、レビュー書いてみました。