人間探求・地球探訪

by 社会人ときどき心理学者たまに旅人

心の中を旅してみた #2「放送大学ってどうなの?仕事との両立ってどうなの?」

心の中を旅してみた #1 「心理学に出会って大学入学するまで」からの続き。

2017年秋から社会人学生としての生活が始まったわけですが、放送大学の実際とか、仕事との両立について、振り返ってみました。

f:id:planet-odyssey:20171217213922j:plain

文京区にある学習センター

1週間のスケジュール

放送授業はテレビやラジオで、特定の曜日・時間に配信されているので、誰でも受講できるのですが、学生になるとアーカイブ動画を視聴できるので、仕事が終わった後や、休日に、好きな順番で授業を受けることができます。

とはいえ、目安として、一週間の時間割みたいなものは作ってます。こんな感じ↓

  • 【日】心理統計法
  • 【月】心理学概論
  • 【火】心理と教育を学ぶために/教育心理学概論
  • 【水】学力と学習支援の心理学
  • 【木】思春期・青年期の心理臨床/発達心理学概論
  • 【金】人格心理学
  • 【土】比較認知科学/認知神経科学

なるべく授業内容が近いものを連続して受けるようにしてます。そうすると、前の授業の内容が、次の授業で出てきたりするので、理解が捗ったり、記憶しやすくなります。

仕事が遅くなるときは、勉強する気力もないので、受講を翌日に繰り越したり、土日に一気に3つ4つ受講して消化したりします。

そういえば、心理統計学は僕にとっては難易度高すぎて、若干挫折してます。1月に集中して学ぼうと思ってるのですが、果たして単位とれるか。。

 

授業の受け方

教科書にマーカー引いたり、わからない言葉を検索したりっていう、いたって普通のやり方なのですが、ノートをとる代わりに、Google Keepに要点をまとめてます。

デジタル媒体にまとめる利点として、

  • 「検索」機能が使える
  • いつでもどこでも読み書きできる

があります。

「この現象は何ていうんだっけ?」「この言葉どういう意味だっけ?」「関連する用語とか実験なんだっけ?」という疑問を感じた時に、教科書で探そうとすると、どうしても時間がかかってしまったり、そもそも教科書が手元になかったりするのですが、スマホでささっと検索して見つけたり、書き足したりできるのは、やはり便利です。

図や絵を描けないというデメリットはありますが。

 

あとは、復習用の問題冊子も送られてくるので、たまにそれをやったりします。

所要時間は、一回の授業で45分、その後の復習の時間も含めると、1時間半くらいでしょうか。

 

授業の中身

肝心の授業の内容とか質の部分ですが、一応僕は明治大学の学部卒、東京大学の院卒なのですが、それらと比べても、特に遜色ないと思います。

 むしろ、以下の点で、授業の質としては、けっこう良いんじゃないかと思います。

  • 「先生、ちょっと何言ってるかわからないから、もう一度言ってほしい」を実現できる(巻き戻し)
  • 「先生、ちょっと調べたいから、話止めてくれない?」を実現できる(一時停止)
  • 「先生、そこもう知ってるから、飛ばしてくれない?」を実現できる(1.5倍速再生)
  • 授業中、ウェーイ!してる学生と同じ空間にいなくて良い
  • 24時間365日、ウェーイ!してる学生に、「ノート見せて」って言われない(リアルでこれやられると、けっこう腹立つ)
  • 授業聴きながら、心おきなく、お菓子とかご飯食べれる(自宅に限る)

一応、質問箱みたいな仕組みもあるので、わからないことは聞くこともできます。

インターネット文化が発展した昨今においては、けっこう理想的な授業形態なのではないでしょうか。ほとんどの大学の授業も放送形式で良いような気さえしました。

(実際に学習センターでやる実習とか実験は、また違った感想になるかも。)

 

生活を変える

社会人学生になったことで、当然ですが、以前に比べて、自由な時間が減りました。

仕事終わっても、授業があるので、帰宅後にネットサーフィンしてる時間はないし、休日も、外に出かけたりする機会は減りました。

まぁ、もともと、ゲームとかやらないし、そんな外出しないので、自分の生活にはマッチしているのですが、それでも、もうちょっと時間がほしいなと思いました。

 

そんな時、何かの本で読んだ「時間がない、忙しい!っていうのは、生活を工夫してないだけ」というフレーズを思い出し、最新のITを使って、生活の自動化という試みを始めました。

ついでに、座りすぎで腰痛になったりと、健康状態が少し悪くなってきたので、その辺りも改善しようと思って、いろいろ試しています。

  • ロボット掃除機「DEEBOT」(Amazon
  • 家計簿アプリ「マネーフォワード」(公式サイト
  • 腰に良さそうな椅子(Amazon
  • 腰に良さそうな高反発マットレス(Amazon
  • 適度な癒し「R2-D2」(Amazon)と「BB-8」(Amazon

ロボット掃除機は今のところ不満なく、休日朝の掃除の時間から開放されました。

マネーフォワードもけっこう便利で、今は有料プランを使ってます。今まで、エクセルとかスプレッドシートとかで手打ちで家計簿作ってたのがバカみたいに思えてきました。

腰痛対策も今のところ順調な気がしてますが、もうしばらく様子見。

R2-D2とBB-8なのですが、わりと再現性が高く、2体で会話するモードとか、自動走行モードとかで、勝手に動いたりして、適度な癒しになります。家ネコの代わりみたいなものかな。

 

生活を変えてみて思ったのですが、「お金は将来のために貯金しなきゃ」という固定観念が強かったなと。健康のため、学びのために投資することは悪いことじゃなくて、まだまだ生活は改善の余地があると思いました。

あと、「家だと勉強に集中できない」というしがらみからも脱したいので、今後は、勉強に集中できるような環境に、家の中を変えていこうと思います。

 

続いては、実際に大学で心理学を勉強してみた感想です。

planet-odyssey.hatenablog.jp