心の中を旅してみた #1 「心理学に出会って大学入学するまで」

この時期はたいてい、どっかの島か国に旅立ってるのですが、今年は自宅で心理学に没頭しておりました。

10月から大学で心理学を勉強しているのですが、ヒトに関する学びがあったり、仕事との両立や健康管理を工夫してみたり、昨今の社会問題や犯罪心理について考えたり、いろんなことがあったので、まとめてみました。

 

心理学との出会い

心理学の書物を読み始めたのは、去年の1月ごろからでした。

もともと、ヒトについて深く悩んだり、考えたりするクセみたいのがあったのですが、たいてい答えが見つからなくて、それでも答えを追及してしまうので、よく思考が無限ループしてました。

そうなると、頭がバグってきて、ときどき変なこと言ったりして、あいつやばいみたいな空気になったりするんですが(すいませんでした)、かと言って、思考を止める方法もわからなかったりするので、葛藤して、精神的にも疲れてしまったりします。

 

そんなとき、そういう、いろんな悩みだったり、思考が止まらない現象そのものについてもヒントを与えてくれたのが、心理学の書物だったりしました。

f:id:planet-odyssey:20180103223003j:image

科学的な事実に基づいた、人の脳に関する知識や理論を知ることで、自分の中で納得できるようになり、思考の無限ループからも抜け出しやすくなりました。

 

今現在の悩みだけでなく、数年前、数十年前、はたまた幼少期とか、ずっと脳に蓄積していた過去の悩みについても、いろいろと思い出しては解決していくこともあって、

そういう頭の中で起きた一連の出来事が、なんか感動的だったし、けっこう面白いなと思って、もっと学んでみようと思いました。

 

心理学検定の受験

そこで、まず、心理学に関する資格を探したのですが、「心理学検定」という、心理学全般について学べる資格を見つけました。

試験も夏で、勉強する期間も数か月あったので、ちょうど良いやって思って、心理学検定の受験を直近の目標にしました。

 

そこから地道に勉強を続けたのですが、身近な人間関係の問題について言及されてるところは、やはり面白いですね!

そういう意味では、社会経験を積めば積むほど、歳をとればとるほど、勉強の度にリアルなシーンが蘇ってきて、理解もはかどり、勉強が面白くなるのかもしれません。

 

ということで、どんどん心理学にはまっていき、一方、旅人として、人の振る舞いについて学ぶこともあったり、仕事も落ち着いてできるようになってきた?ところで、「もっとやれる」という希望が見えてきました。

この辺りの詳しい話は、前に書いた(旅して学んだ、自由と孤独と集団に関する考察 - 人間探求・地球探訪)ので省略しますが、心理学をさらに深く学ぶために、大学に進みます。

 

放送大学への入学

社会人生活も続けるので、大学は必然的に通信制に絞られるのですが、決意した時は9月で、そのとき出願を受け付けてるのが放送大学しかありませんでした。なので、必然的に放送大学に決まりました。

通信教育の歴史が長い安心感みたいのもあったので、まぁ良いかなと。

 

受ける授業を決める

次に出願なのですが、受ける授業を申請する必要があって、ここでちょっと戸惑いました。

授業の種類は、事前に取り寄せた募集要項に載っているのですが、心理学のコースでもたくさんあって、一体どれを受ければ良いんだと。

 

なので、ここで少し立ち止まって、大学でのゴールをはっきりさせる必要がありました。もちろん、心理学を学ぶのが目的なのですが、将来的な方向性とか、学びたい範囲をより明確にします。

僕は心理学の特定の分野というよりも、全般を深く学びたいので、心理学の基礎知識や技能を修得している「認定心理士」の資格取得をゴールにしました。

認定心理士の資格を取るには、1)日本心理学会により定められた所定の単位取得、2)大学の卒業、という条件が必要なのですが、僕は大学院まで卒業してるので、2の条件は既にクリアしてます。なので、1の条件を満たす授業を選べばよいということになります。

 

生徒の種類を決める

放送大学は学生の種類として、

  • 半年だけ在学する科目履修生
  • 1年間在学する選科履修生
  • 大卒の資格をとれる4年以上在学の全科履修生

があります。

認定心理士のための所定の単位は、授業数にすると20個くらいあるので、仕事と両立しながら続けることを考慮して、選科履修生にしました。

 

出願→入金→入学

受ける授業と生徒の種類が決まったら、その他いろいろな書類(卒業証明書など)も準備して出願します。

入学試験はないので(書類審査のみ)、受験勉強の労力を省略できたのは、非常に、非常に、楽でした!!

その後、合格通知を受け取り、大学に入金します。

 

ちなみに、入学金が9万で、授業料は1授業1万1千円です。僕は今学期は10個の授業を受ける(授業料11万円)ので、合計11万9千円になります。他の大学に比べれば激安ですね。

 

そうして、心理学を学ぶ学生として、新たな生活が始まります。 

planet-odyssey.hatenablog.jp