読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球探訪

都会人が行く、地球冒険の旅

屋久島の冒険 3/3 〜田舎暮らし〜

屋久島 田舎 天体写真

主に縄文杉と白谷雲水峡のトレッキングのために来た屋久島ですが、ゲストハウス「とまり木」を拠点に、3泊4日を過ごしました。
その暮らしは、都会じゃ体験できないもので、いろんな風景、いろんな出会いがありました。
f:id:planet-odyssey:20160924215054j:plain:w400

とまり木

僕は旅で泊まる宿は、だいたいドミトリー式のゲストハウスを選ぶようにしています。都会とは違う意味で、人と交流したいからです。
とまり木もゲストハウスなのですが、最近20周年を迎えたそうで、こんなにも長く運営されていることに驚きました。
なので、リピーターも多いようで、20年振りに泊まりに来たという方もいました。

田舎のゲストハウスの良いところは、庭や木造のテーブルがあることです。癒されます。
f:id:planet-odyssey:20160925121448j:plain:w400
f:id:planet-odyssey:20160925121821j:plain:w400

そしてたまに猫がいます。とまり木にもいました。かわいいです。
f:id:planet-odyssey:20160925121535j:plain:w400

寝床。昔のバリバリ都会っ子の時は、こんなとこで寝ることなんでできなかったと思います。
f:id:planet-odyssey:20160925121355j:plain:w400

屋久島での2泊目、3泊目はこの宿の姉さん(と呼ばれている管理人の方)が作ってくれたカレーを頂きました。
旅人同士でテーブルを囲いながら、旅の話などしながら食べたんですが、なんかそれだけのことなのに、すごく嬉しかったし、楽しかったです。

たぶん、それは、都会で同じことしても、なかなか同じ気持ちにはならないからだと思います。
なんというか、都会だと人見知りが発動して、落ち着いて食事できないんですが、ここだと安心した気持ちになるんです。


この写真は同じ宿の方に頂きました。良い写真!

出会った人々

日本一周中の人が多くてビックリしました。5人はいたかな。しかも、10代の学生から定年退職後のおじさんまで。
移動手段はバイクが多いみたいですね。公園でキャンプしたり、ゲストハウスを見つけては、そこでバイトしながら居候したりして生活しているそうです。
そういえば、屋久島じゃなく鹿児島のゲストハウスには日本一周している高校生もいましたね。

驚いたのが、ヒッチハイクでここまで来たという学生たち。学生と言うとウェーイ!なイメージですが、ずいぶん良い子たちでした。度胸もありそうです。
長野から来たそうで、ヒッチハイクサークルに所属しているのだとか。そんなサークルがあるなんて驚愕。

あとは釣り人が数名。台風の影響でなかなか釣れなかったそうです。とても良いおじさんたちでした。

1年前、島巡りを始めた頃に比べると、僕も積極的にこういう人たちに話しかけるようになりました。
都会で突然話しかけると、変質者扱いされたりするので、どうしても気を遣ってしまって、敬語とか気をつけて話しかけていたのですが、そんな気を遣う必要がないんだということに気づかされます。
ここでは、老若男女、身分の違いなど関係なく、みんながフラットな関係で、一緒に生活していました。

星空を見に行く。みんなで

僕の旅の名目は、天体写真の撮影です。
元天文部で、天体写真を撮れる技術を持ってるのと、宇宙が好きだからという理由で始めましたが、これが一種のコニュニケーションツールだということに、旅をしていて気づきました。

一応、前提として言っておくと、田舎の夜道は超絶怖いです。
父島では一人で夜道歩いたのですが、二度とやりたくないと思いました(笑)。

なので、できれば多くの人と一緒に行きたいのですが、こういう旅に付き合ってくれる都会人はなかなかいません。
だから、現地で出会った旅人と一緒に星を見に行くしかないので、予め「星を撮りに来た」と宣言しておきます。そして、いざ夜になったら、ちょっとハイテクな機材を準備します。そうすると、たいてい、みんな興味を持って話しかけてくれます。
星を見たいという人はけっこういるのですが、やっぱり皆さんも同じ気持ちで、一人で夜道は歩きたくないようです(笑)。なので、僕が先陣きって星を見に行くと、たいてい一緒に来てくれる方がいます。まさに即席天文部です。
出会った旅人たちと一緒に星空を眺めるのって、すごく楽しいです!

そして、こちらがやどり木近くの牧場跡地でとれた星空。やっぱり、田舎の星空って綺麗ですね。
f:id:planet-odyssey:20160925125101j:plain:w400

そして、撮れた写真は一緒に見に行った人たちにプレゼントします。自分で実際に見た思い出の一枚ということで、喜んでくれます。
そんな笑顔を見て、僕も嬉しくなります。

田舎といえどもオシャレなお店はある

屋久島には空港と乗船場が2つありますからね。物資は比較的安定して入るのかもしれません。田舎といえど、ところどころに、綺麗でオシャレなカフェがあったりします。

とまり木近くにある「樹林」。屋久島の初日に寄りました。落ちついた雰囲気で、居心地が良いです。
f:id:planet-odyssey:20160925125525j:plain:w400
パスタを頂きました。美味しい!

とまり木のある小瀬田地区から、バスで10分ほど移動した安房地区にある「Smiley」。屋久島を出る最終日に寄りました。
f:id:planet-odyssey:20160925130109j:plain:w400

これらカフェの雰囲気は父島に近くて、けっこう好きですね。落ち着きます。

旅を終えて

奄美大島から数えると、9月17日から23日までの、6泊の旅でした。メインイベントの屋久島は、特に人との出会いが濃くて、とても思い出に残る旅となりました。 いつかまた会いたいですね。
屋久島から帰る船や飛行機の中で、ボーッと考えてたんですが、自分の知ってる世界が本当に狭くて、人に対する先入観も強いんだなってことを痛感しました。なので、もっと旅を続けたくなりました!多少は旅慣れしてきましたし。

次は世界一星空が綺麗と言われるニュージーランドのテカポ湖を目指します!