読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球探訪

都会人が行く、地球冒険の旅

ビオトープの植え替えしました

ビオトープ

2年前からですが、直径50cmくらいの鉢を使ってベランダビオトープをやっています。
植え替えの時期がやってきたので、土やら植物やらを一新しました!(実際に植え替えしたのは4月中旬ごろです)

ビオトープの生き物

まずは、植え替え前の状態。
f:id:planet-odyssey:20160528173803j:plain
ここに以下の生物がいます。

土を新しいものに変えるのですが、生き物は別の水槽に避難させなければいけません。
まずは、網で捕まえられるメダカとオオカナダモを他の容器に移します。問題は、大量にいるエビをどう捕獲するか。

エビ捕獲作戦

網ですくえるようなレベルではないので、”仕掛け”によって捕獲します。
f:id:planet-odyssey:20160528175010j:plain:w300
小さめの瓶に、ペットボトルの口の部分を逆さにして乗っけたものです。中にはエビの餌を入れてあります。
こいつをビオトープの土の中に埋めて、1日置いておきます。
f:id:planet-odyssey:20160528175210j:plain:w300

結果、、、大量に捕獲できました!
f:id:planet-odyssey:20160528175508j:plain:w300

これを何度か繰り返して、完全にエビを取り除きます。
f:id:planet-odyssey:20160528175726j:plain:w300

こちらが、オオカナダモ、メダカ、エビの避難先。
f:id:planet-odyssey:20160528175811j:plain:w300
 

土の取り替え

まずは、水と土を全部取り除きます。
f:id:planet-odyssey:20160528175912j:plain:w300

こちらは土に埋まっていた蓮。随分細く弱くなっていました。
f:id:planet-odyssey:20160528180402j:plain:w300

こちらは購入時の状態。太く丈夫でした。
f:id:planet-odyssey:20160528180342j:plain:w300

新しい土を入れていきます。3Lを2袋なので、計6Lですが、もう一袋(計9L)あっても良かったなとちょっと後悔。
f:id:planet-odyssey:20160528180505j:plain:w300

土を入れたら、水を少しいれてこねます。
f:id:planet-odyssey:20160528180634j:plain:w300

水を深さが15cmくらいになるまで入れていきます。袋の上から水を入れることで、土が舞い上がり、濁るのを防ぎます。
f:id:planet-odyssey:20160528180917j:plain:w300
 

植物の投入


今回、新しく温帯性の睡蓮を買ったので、土の中に植えます。
植え付け方はこの動画を参考にしました。深く埋めすぎないように。

f:id:planet-odyssey:20160528181020j:plain:w300

また、回収した睡蓮の一部がまだ多少太かったので、再利用することにしました。
f:id:planet-odyssey:20160528181204j:plain:w300

ここまでやれば、植え替え作業自体は完了です。
f:id:planet-odyssey:20160528181245j:plain:w300

1日たてば、濁りも消え、だいぶキレイになります。ここにオオカダナモも入れます。
f:id:planet-odyssey:20160528181350j:plain:w300

水がまだ水道水の状態なので、1週間くらい置いておきます。

メダカ、エビの投入

f:id:planet-odyssey:20160528181639j:plain
メダカを入れるとだいぶ映えますね!
それから1ヶ月ほどたつと、メダカが卵を抱えるようになりました!(防水ケースを付けたiPhoneで撮影しました)

ビオトープの中をのぞいてみよう! 2016

そして、子どもも孵化しました!成長が楽しみですね!
f:id:planet-odyssey:20160528184720p:plain:w300