読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球探訪

都会人が行く、地球冒険の旅

健康管理 〜持久力編〜

なにごとも健康第一!
健康でなければ、せっかく準備した旅も大無しになってしまいますよね。

僕自身、ぎっくり腰を2回やってしまったり、大腸の病気になってしまたり、ケアしないと旅なんかいける体ではありません。
まして、三十路も過ぎてしまったので、若い頃のように「なんとかんだろ!」「大丈夫っしょ!」という気持ちだけで行動してると、心も体もえらい疲れます。

そんな自分の健康を守るために、僕が取り組んでいる簡単なトレーニングを紹介します。今回は「持久力」について。

ただ走るだけ

やってることは、自宅の近所を走ってるだけです。

始めた頃は月1回だったのですが、今では月2回、土曜日に走っています。
距離は5〜10km、時間は30分〜1時間くらい。その日の気分によってまちまちです。
太陽の光を浴びたいのと、汗をかきたいので、なるべく正午に走るようにしています。

Nike+ Running

あくまで健康のためで、マラソン大会のような大きな目標があるわけじゃないですが、Nikeのアプリを使って記録を取るようにしています。

Nike+ Running

Nike+ Running

  • Nike, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

Nike+ Runningで計測した記録は、専用のウェブサイトでまとめて見ることができます(無料の会員登録が必要)。

ここの「Activity」で、過去の記録を一覧で見れます。
f:id:planet-odyssey:20151011130347p:plain
走行距離のグラフ。何を血迷ったのか、今年の4月にめっちゃ走ってます^ ^;

ペースで見ると、(途中の山2つを除くと)徐々にあがっている・・・!?
f:id:planet-odyssey:20151011131104p:plain
4月は何があったんですかね。。去年の秋頃もなぜか飛ばしてます^ ^;

ま、記録は、極端にペースが落ちたり、走る頻度が減っていないかどうかの確認程度に使ってるので、今のところ問題ないかと。
得られた効果としては、「会社で受けている健康診断が、去年よりも良くなった」「中央アルプスの登山やハワイの旅でも元気だった」ということが挙げられます。
個人的には、「汗をかきたい」とか「太陽の光を浴びたい」とか「足腰を鍛えたい」っていう気持ちを満たせれるのも、モチベーションになったりしています。

一応、Nike+ RunningはiPod nanoでも使えるので、iPhoneが重くて邪魔になる場合は、iPod nanoでも良いかもしれません。
ただ、iPod nanoGPS機能がないので、ルートの記録はしてくれません。

ランニング用アイテム

Nike+ Runningアプリを起動して走る必要があるので、iPhoneを常に持っていなければいけません。そこで、こういう装備が必要になります。

僕はこれのv3を購入。

アームバンドでも良いのですが、最近のiPhoneはどんどんデカくなってるので、腰に巻くタイプにしました。
僕はウェストが細いので、紐を最短にしても緩くて、走ってるとこのポーチが上下に揺れるという状況に。そこで、この紐を1回縛ることで長さ調節しました。


あとは、音楽があるとモチベーションが上がりますよね(Nike+ Runningに音楽を流す機能がある)。そこで、イヤホンが必要になります。
しかし、iPhoneに付属してるような普通のイヤホンだと、汗でイヤホンが濡れるし、コードが邪魔なので、ワイヤレスイヤホンにしました。

若干、耳にサイズがあわず、、ずっとつけてると耳の穴が痛くなるので、新しいのにしようか検討中。。。

課題

まぁ、あくまで健康のためで、ランニングすること自体に高い目標はないのですが、もうちょっと自分の健康状態を数値化できると良いなーと思ってます。
血圧、心拍数、肺活量、体脂肪、体年齢などなど、簡単に管理できるアプリでもないだろうか。

あとは、都会の中で走ってるので、ビーチや山が見えるところで走りたいな〜とつくづく感じます。
ハワイで走ってる人がいたのですが、良いな〜と思いました。